私のあだなはサイボーグ

 

今日は超快晴ですね~

お空も飛べそうな気分!ですね!

そのうち人間も空を飛んで移動とか出来るようになるのかな?♡

 

さっきふと自分の腕を見て思い出したんですが、私腕に17針を縫う大怪我をした事があるんです。

小学3年生の夏休みの最後の日にお風呂場の窓ガラスを閉めようとしたら、割れてしまって腕を切ってしまったんです…

すみません、いきなりグロテスクな話で。笑

 

その頃の私は、クラスで運動神経が良い方で50メートル走ではいつも男の子と張り合って1番か2番とかでした。

体育が大好きなのに、腕の怪我で休まないといけないこともあって本当に嫌な思いをしたのを今でも覚えています。笑

 

でも、嬉しかった事は私が怪我をしているもんだからいつもは女の子扱いを受けていなかったのですが、この時だけは

『中島さんのランドセルもって一緒に帰ってあげてね』

『大丈夫?荷物持つよ?』

など優しい言葉を受けて、小さな乙女心が揺れ動いたのを覚えています♡

 

その後、怪我が治って来てギブスが取れてリハビリ用のギブスに変わったのですが…

その形がロボットみたいな器具だったんです。

 

で、ある日体育の時間で50メートル走の時間がありました。

私はもちろん走りたいから腕には怪我したままですが走りました。

すると…

 

『サイボーグが走ってる~~!!』

『ターミネーターみたい!』

 

女の子扱いが終わった瞬間でした…

 

この後、ちょっとの間はずっとサイボーグとか呼ばれてたような気がします。笑

でも、今思えばあれだけの怪我をしたのに綺麗にくっついて目立たなくなっている。

人間の自然治癒力凄いですね!

 

という話でした。笑

では!