ヒップアップ~真下にお尻が流れてる編〜

以前は『サイドにお尻が流れてる編』を投稿しました。

今回は真下に流れている編!!!です!!!

 

お尻垂れるといっても本当にみなさん形が違うんです。

原因が違えば結果も違う!! 

結果が違えば対策方法も違う!!!

 

お尻が真下に流れているという状態は想像つきやすいかもしれません。

まずは自分のお尻を合わせ鏡や写メを撮ってもらってどんな形をしているのはを見ることが大切ですね。

この時に『う~わ。こんなお尻してるんや』とへこむ方がほとんどかもしれませんが、多分皆さんそう思うと思います。

想像以上に綺麗だった!!!という方はラッキーですね。

でも、『こんなお尻してるんや』って思うということはまだまだ綺麗でいたい!!!

という気持ちが山ほどあるということです!!!

女性は死ぬまで女性!!!で女でいたい!!

という生き物だと思います。

 

だいぶ話が逸れました。笑

真下にお尻が流れているという方は

*お尻の筋肉が弱い

*太ももから足を動かさずに膝下だけで歩く

*下着が小さい

*猫背気味

*運動をあまりしない

*もしくはマラソンが趣味

 

他にも原因はありますが、だいたいの方がこのような原因でしょう。

最後の『運動をあまりしない』なら『マラソンが趣味』という方はヒップが上がるんじゃないか?と思われたかもしれません。

 

お尻に筋肉があるだけでヒップアップするのであればマラソンをしても上がると思うんですよね。

でも女性の場合、流動脂肪といって『流れる脂肪』がお尻についているので走ったり振動が加わると流れてしまうのです。

 

揺れと重力が原因です。

 

だから、もしマラソンをする場合は少し硬めのガードルなどでお尻が流れないように固定するとまだ流れるのを防いでいくことが出来ます。

だからヒップを上げたくて運動する場合は、お尻に負荷をかけて運動することが大切です。

 

改善方法として

*下着のヒップラインはレースのものを選ぶ→ゴムだと割れ目ができてそこから下へ下がってしまう

*歩くときは大股で→膝下だけで歩くとヒップの筋肉を使いにくい状態になるので大股で歩いてヒップの筋肉も使いましょう

*仰向けになって膝を立ててお尻をあげる

 

3つ目はヒップアップ運動としては王道の方法です。

『ヒップアップ』と調べるとたくさん方法は出てくるかもしれません。

でも、どれも方法が違うだけでやっていることは一緒だったりするのです!!!

結局のところそれを続けるか続けないか!!!だけ!!!

 

一つのことを続ける努力をしないうちから他の方法を探すのは、自分が続けるのが嫌で他の理由を探そうとしているだけ!!!!!!

(自分の胸にグサッとくる言葉です。笑)

 

だから日々の中で自分が確実に続けれるものを毎日続けていきましょう♡