シヴァナンダヨガ・サンスクリット語で脳みそを元気に

 

昨日はNAO先生のシヴァナンダヨガの日でした!!

時間とかなかなか合わなくてお手伝い入れないことも多いけど、やっぱりあの空間はほんと素敵!!

 

何回も受けているけどNAO先生のヨガも大好き。

1つ1つ説明をしてくださるから今何をしているのかを感じながらヨガが出来る。

 

ちゃんと初めから最後まで受けた時は、初めのシャヴァーサナ(仰向けで寝転ぶポーズ)でマットに体がペタッとくっついていなくても終わる頃にはいつもマットに体が吸い付くような感じで全身の力が抜けてとても心地良くなってる!!!

約2時間弱の時間があっという間に過ぎていく。

終わった頃には体がふわっとしていて長い睡眠を終えたような感覚。

 

ただ、昨日に関しては写真を撮りながら気が散っていたのでその時間が果てし無く感じた。

 

ほんと集中しているかしていないかで感覚が全く違う!!!!
って昨日改めて気付かされました。

 

なんでもそうですよね。

集中しているとあっという間で、気が散っていると時間が長く感じる。

仕事も遊びもそう。

 

自分自身気がよく散って集中力に欠けるタイプだから、どうせやるならその場のことに集中していこうって思った!!!

 

更にNAO先生のシヴァナンダヨガは前後の時間で古代インドで使われていた『サンスクリット語』でマントラを唱える時間があるんですが、この『サンスクリット語』というのが脳の活性にとてもいいのだとか!!!

 

サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質が増加することが明らかに

古代のインドで使われていた言語「サンスクリット語」でマントラ(日本語では真言とも言われ、神秘的な力を持つとされる語句)を記憶して暗誦すると、脳の灰白質が増加する――そんな調査結果がこのほど明らかになった。

引用:https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10337.php

 

昨日この話をされていてすごい面白かった!!!

昨日は気が散って真剣に受けれなかったので、またしっかり受けようと思います♪

心光寺ヨガイベント